2016年11月10日

宇佐グルメフェスタ

11月13日(日) ハイパーモールメルクス宇佐で
宇佐グルメフェアがあるようです。
からあげ、すっぽん、ねぎ、どじょうと、4大グルメ登場!

宇佐グルメフェア

それは良いのですが、注意点が一つ。

メルクスは出入り口が1つしかないことです。

「入ったらしばらく出られない」ことを覚悟してくださいね。

そして、楽しんでください♪
続きを読む
posted by asu at 23:07| 大分 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 駅川周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

賀来飛霞 生誕200年


賀来飛霞という人は、ちょっと地味な人です。

何をしたか、と言われると。薬草の採集と絵。

医者や医学校の校長などをしたのですが、その跡はほとんど残っていません。

でも、幕末という時代の節目にいろいろな基礎研究を行っていた・・・。

いろいろ、揺さぶられたと思うのですよね。

勤王とか佐幕とか、その波は、宇佐にだって来たわけですし。

その波に揺さぶられなかった。それがすごいな、と思います。

あと、当時は絵を描くことってとても難しかったのですよね。
色を塗る材料だって、高価だったわけですし。

地味な活動や、地味な人を取り上げていくのは、大変だと思います。


実は最近、『バラ図譜』のジョセフ・ルドゥーテの絵を見に行きました。
フランス革命という激動の時代に、
マリー・アントワネットの画家から、ナポレオンの妻ジョセフィーヌの画家へ。

元々の植物画としての正確さを残して、芸術としても美しく。
博物学的な新種の分類も。
時代的にも、『百科全書』出版後で盛り上がった時代・・・・。

こちらは素材として、バラなので派手ですけど。

幕末〜明治も、思想的・知識欲的な盛り上がりと、政治的にも激動の時代。
なんとなく、揺るがない感じが、似ているかも? と勝手な感想を持ってしまいました。
賀来飛霞も、小石川植物園にいて、伊東圭介博士(日本初の理学博士)と植物図鑑の出版もしているようです。
大きくて貴重な本ですが、じっくり見てみたいですね。

IMG_20161105_13441036.jpg
posted by asu at 20:05| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇佐周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

野菜がお高いですね→あすぱらに行こ♪

食欲の秋、アートな秋・・・。
IMG_20161105_125633767.jpg
両方楽しめる場所が宇佐にはあります。庭に紅葉、お店にアート(^^♪

野菜もお高い・・・そんな時に食べたい、やさしい家庭料理のお店。

金土日ランチのみの営業。要予約です。
メニューもランチ(1200円)のみ。
陶芸作品を眺めがガラ料理を待ちます。
カレーの風味が効いた、カリフラワーの前菜。おいしい。
IMG_20161105_113359879.jpgIMG_20161105_11334101.jpgIMG_20161105_114050618.jpgIMG_20161105_115747105.jpg

きのこたっぷりのにゅうめん。
あつあつの揚げ物。これがまた美味しい〜。



IMG_20161105_115420637.jpgIMG_20161105_114709920.jpgIMG_20161105_122230751.jpg

ごはんと、お漬物と、コンソメ風味のポトフ。
こあじ(?)の南蛮。
珈琲とデザートもついて、1200円。

か〜な〜りおなか一杯になります。満足です。

器は自作らしく。
お一人での営業なので、混みあうと、お客さんの思いやりが必要になります。

ランチタイムは11:30〜14:00。
0978-25-7878 必ず事前に問い合わせをしてくださいね。
当日予約は、「もういっぱいです」と言われることもあります。
なるべくお早めに。

[ここに地図が表示されます]




地図表示されるはずですが、う〜ん。出なさそう・・・。
宇佐支援学校(正門ではなく、裏門的な場所)の隣の梅高製作所内。
支援学校の敷地をくるっと回る感じ。
看板はありますが、ちょっとわかりにくいかもしれません。
posted by asu at 19:09| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする