2010年04月08日

宇佐市の学力と学校図書館と

市役所のホームページを見ると

学力向上推進計画なるものがupされていました。
http://www.city.usa.oita.jp/cgi-bin/odb-get.exe/h22gakuryoku.pdf?WIT_oid=NCFQSQjCb4lGuAHhz0cKGPp90xo90E91W&WIT_ctype=application/pdf&WIT_jasminecharset=SHIFTJIS

どうやら、20年度が低かったのでそれから作っているようですね。
その20年度の分析では、こんな分析があったようです。

全国学力調査分析 図書館利用で学力アップ(朝日新聞より) 
http://www.jikuukan.ac/Guidance/others/H20/n5.html

これが気になったのは、以前の、
「図書費が全国平均の4分の1」「中津の5分の1」というのと。
以前見た小学校の図書室が忘れられないからです。
宇佐市の学校は、授業公開がされています。

友人に誘われて行った小学校の図書室は、なんと
音楽室と一緒にされていたのです。

もう、図書室という名前ですらなく、「マルチ」とかで・・・。
それこそ40年くらい前の本が申し訳程度にしかない本棚。

もし、子どもがいても、ここには通わせない!

と思うには十分でした。
(教室の横に学級文庫があるんですけどね。先生はどうおもってるんだろう?
教室って、落ち着いて本読めませんよね。今の子は違うのかな?)

ちなみに図書館に一番近い駅館小学校の口コミ。
http://women.benesse.ne.jp/kensaku/elementary/158477/s5a.html
図書館が近いことが評価の一つになっていますね。
教育熱心な親が集まると、自然に勉強熱心な子どもが多くなり、成績も上がりますよね。
歴史博物館も近くにありますし、官公庁も近くにあるし。
児童数が増えるハズです。
(駅館校区の知人によると、「私が子どもの頃も2クラスだったのに、今3クラスある」とか。
過去4クラスあったという長洲や四日市が、今は2クラスとかになっているらしい。
そう考えると、いかに駅館地区に人口が集中しつつあるのかがわかる・・・)
それに、知人が今小学校に臨時で行っているのですが、
今、授業の補助で小学校に行っている人が多いようです。
この推進計画で21年度に点が多少上がっているのは、そのサポートの成果かも
しれません。知人は「3年で終わり〜」と言っていますから、問題はその後ですね。

さらに知人情報なのですが、某小学校で
「今度、うちの学校テストの点よかったんですよ〜」
というので聞いてみたら
「全員が解けるまで(時間延長して)やらせたから〜」
と言った先生がいたそうです。
「え〜? それじゃ意味がないのでは?」
と聞くと
「だって、問題が多かったんです!!」
と言ったんだそうです。

・・・・・・マジですか?
posted by asu at 23:17| 大分 | Comment(0) | TrackBack(1) | 宇佐市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146012338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

宇佐市(大分県)の教育情報:保育所,幼稚園,学校etc
Excerpt: このページでは大分県宇佐市[うさし]の教育に関するデータを示す。...
Weblog: patmap都市情報
Tracked: 2010-07-28 02:10